導入事例 エア・ウォーター・メディカル株式会社

Case

社会人としての自立。
自分にフォーカスさせる研修

【社長インタビュー】
エア・ウォーター・メディカル株式会社 代表取締役 山田佳弘 様

私が望む若手向けの研修は、「社会人として自立していくために、徹底的に自分にフォーカスさせる研修」です。まさに今回の研修では、“自己分析”を通し、“自分に何ができるか?”“自分に期待されていることは?”といった、研修でなければ掘り下げられないテーマについて、若手と講師が本音で語り合える研修を提供してもらいました。私が若手社員に最初に掴んでもらいたいことは「仕事に自分なりの意味付けをする」ことです。これがなければ仕事のやりがいには繋がりません。次回の研修までに、我々が若手をもうひと回り成長させ、研修に臨む。そんな良いサイクルが作れたらと思っています。

対象者
20代~30代の若手社員
研修目的
ディスカッション型研修 タイトル『自己分析からみる個人価値とは』 ①自己分析で自分を客観的に理解する ②今後のキャリア形成と個人戦略の一歩を踏み出す
実施日
2020年2月18日(火)14:00~17:00(180分間)

ディスカッション型研修 キャリア形成 自己分析

エア・ウォーター・メディカル株式会社

エア・ウォーターグループの医療事業の中核企業(本社:東京・五反田)